家

連携プレーが何より重要|注文住宅で利用の住まいをゲット

寒冷地を得意とする住宅

家

北欧の輸入住宅

スウェーデンハウスは東京に本社を置く住宅メーカーです。北欧の住宅の特徴を日本の住宅に取り入れている輸入住宅のメーカーです。日本の住宅環境でも北国は寒冷地であるため、気密性などが重要になります。そこで北欧の技術を取り入れることで暖かい住宅環境を作る事ができるのです。工法などだけでなく、材料なども輸入資材を利用するなど本格的な輸入住宅です。高級住宅とは路線が異なりますが、個性あふれる住宅を展開しています。特に北海道や東北地方などではスウェーデンハウスの知名度が高く、実際に利用している人も多くなっています。暖房の効果は高気密と高断熱が求められます。同じ木材を利用してもスウェーデンハウスのつくりは根本的に異なっているのです。

木製の窓枠が特徴

断熱の効果は窓にあります。窓は二重サッシなどは当たり前なのですが、窓枠を木製にしている特長があります。窓枠を木製にすることで断熱性が格段に向上するのです。そのためスウェーデンハウスの展開する住宅の窓枠はすべて木製なのです。この木製の窓枠は見た目にも美しく、高級感を醸し出しているのです。しかし性能は高いのですが、アルミ製のサッシと比較するメンテナンスの期間が短い弱点もあります。しかしきちんとメンテナンススケジュールを組まれているのもスウェーデンハウスの特徴です。しっかりとメンテナンスすることで長い間性能を維持することが可能になるのです。これが輸入住宅のメリットなのです。もちろん日本のメーカーとして耐震性なども考慮しています。